コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

おがぽんチャンネル Vol.82

まどマギの小説書いてます

僕が前から思っていること。『まどマギが、みんな笑顔になってほしい』そう思いながら、動画を作ったりしていました。今度は、小説に挑戦しようと思います。

主人公は、まどかでもほむらでもなく、モブキャラの中沢くん。テーマとしては、『一般人から見たまどマギ』です。

ストーリーの流れとしては、まどマギ本編に沿っていきます。ただ起きている事柄が中沢視点なため、本編とは違った表現になることが多いです。
※例 第一話で、中沢は魔法少女ほむらを目撃しますが、当然中沢は魔法少女を知りません。ほむらの変身姿は、中沢からはただの私服にしか見えないなどです。

キャラ情報がほとんどないため、オリジナル設定や、関連オリキャラなども登場させております。ぜひお楽しみください。それでは~

ここをクリック→少年純情物語中沢くん
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

おがぽんチャンネル Vol.65

まどマギのノベルゲーム

ノベル☆マギカ

作者サイト http://www.nasska.net/nvl_mgk/index.html

まどかによって改変された世界を舞台にしたゲームをやりました。実を言うと、最初やるのにためらいがありました。だって原作通り、さやかが死んでいるという設定だし、犠牲のもとに始めても……と思っていましたが、そういう設定な以上、ただ死んで終わりというわけでもなさそうだ。それに、改変後の世界をもっと知りたいというのも本音。つらい話になりそうだが、まどかファンである以上逃げるわけにもいかない。

というわけで、早速始めてみました。

ストーリーは2つ。ひとつはさやかが死んだ後のほむらたちの戦いで、もうひとつはもしさやかが死ななかったら……というもの。実をいうと、後者のほうを期待していたりする。だって原作あんな終わり方されて、悔しさいっぱいだったんだ! くそ、脚本め!

最初にやったのは、ほむらの戦いの方。明らかにこっちの方が辛いストーリーだ。まず辛いほうやって、後で明るい方やってスッキリする。こういうふうに進めてみた。

円環の記憶。やはりいいイメージが湧いてこない。ほむら、マミ、杏子が魔獣と戦うところから始まるのだが、さやかの名前が全然出てこない。まるで本当に、3人しかいないように設定されているようだ。魔獣が学校に現れ、仁美と恭介に襲いかかる。魔獣に取り憑かれた仁美、まさにイマドキビッチって感じだったなw
「こんなイケメンな彼氏がいて羨ましいでしょ~」
二人を守るため、杏子が魔獣に立ち向かう。ここでやっとさやかの名前が出てくる。この時の杏子かっこよかったな。さやかの気持ちを無駄にするなって。なかなか良い話じゃないか。ちょっと期待して、先に進めてみると…

ここで驚愕した。何と3人は、100年以上も魔獣と戦い続けたんだという。そ、そんなに……!!
ああ、こうしてみると、やっぱりさやかの死が惜しすぎる。何で一人だけ早く逝っちまったんだよ~!
これじゃまるで、仲間はずれとほとんど一緒じゃないかーーーーーー!!!!
100年以上も一緒に戦うんなら、4人一緒にしてやれよーーーー!!!

しかしいくら叫んでも物語は変わるわけがない。複雑な思いで物語を進める。
QBから、世界の様子が明らかにされていく。

年が経つにつれ人魔獣は増大する一方、魔法少女は減少を続けている。ついには人類が衰退しはじめた。
人類が減れば、悲しみ憎しみも減り、魔獣も少なくなっていく。だから魔獣が落とすグリーフシードもなくなり、いずれ魔法少女も絶滅するだろう……
ずいぶん重苦しいじゃないか。地球の未来って、こんなものなのかよ……

そしてついに、マミ、杏子の最期の場面がきた。

その状況がやばすぎる。核戦争の後、絶望する人々のもとへ魔獣の大群が押し寄せてきた。死を望む人々に、諦めるなと励ます杏子、そして老人のセリフ……このゲームで一番感動したのが、この場面です。

予想以上にいい作品でした。しかし僕はやっぱりこの結末は認めない。やっぱり4人揃って戦っているというのが、一番いいと思う。それに、地球はいずれ滅びるなんてあまりにも暗すぎるじゃないか。

そんな思いをこめて、もう一つのストーリーを始めた。


舞台はさやかが恭介の見舞いにいくところから。いきなり見舞い品に何を持っていくかの選択肢。それにしてもエロ本って…w 進めていくと、所々に選択肢が出てくる。これによって結末が変わるようだ。慎重に選ばなきゃな。マミさんと出会って、魔法少女について知って、恭介のために契約する。改変前と違うところは、マミられない(当然か)ところと、杏子が最初から味方してくれるところだ。

マミさんや杏子と親交を深めれば、コンサートの戦いで助けてくれるはず。そう信じて進めてみた。仁美に気持ちを告げられたとき、マミさんに相談したり、夜中に自室で杏子とクラシック音源を探したり……やれるだけのことはやった。そしてあの場面。魔獣がコンサート会場を襲う。迎え撃つ魔法少女たち、そして……さやかは逝ってしまった。

ん、間違ったかな……?

そんなはずはない。絶対このルートで正しいはずだ。もう一度やってみた。
それからは酷いものだった。ソウルジェム手放して死にかけたり、恭介とデートしてる間にマミさん死んだり……何でHAPPYEND探しているのに、超BAD見なくちゃいけないんだ! 怒りを抑えて、もう一度考えてみる。

もしかして、最後の杏子のところで間違えた? そう思って変えてみたら、惨劇を回避できた。やった~!
魔獣も二人で速攻でやっつけてめでたしめでだし。

まあいい。これでさやかが生き残ったわけだ。その後の行く末はというと……

ネタバレになるんで言わないでおくが、少なくとも、僕が望んでいたものではなかった。それから何十年何百年と、4人で戦うというものではなかった。もちろん死ぬわけじゃないし、さやかも幸せになれた。でも何か腑に落ちない。

何がいかんかというと、さやかが、マミさんや杏子と疎遠になるかもしれないってことだ。いや、こんな終わり方されちゃ絶対そうなる。せっかく仲間になれたのに、まるで別世界の人間となってしまうわけだ。

さやかは生き残って、恭介も音楽の勉強頑張っている。そしてさやかと恭介は……そうだ。もともとこれがさやかの一番の望みだったんじゃないか。絶対に腕以上の望みは心の奥にあった。ただ、契約のときにそこまで意識できなかっただけ。4人でずっと戦うのが一番だと思っていたけど、こういう終わり方も美しいじゃないか。いい作品をありがとう! お疲れさまでした。







このページのトップへ
コンテントヘッダー

金鯱魂レポート

東方金鯱魂行ってきたー!
金鯱魂
先週ウィンク愛知で、東方イベントやってたんで行きました。同人誌いろいろ読んで買ったし、スタッフのコスプレもかわいかったよ~(´∀`)

買った同人誌
買った同人誌一部です。名古屋ネタ本もありましたよ! みすちー手羽先wwwとかね。真ん中の三月精本、はやぶさ帰還ネタもありました! 落ちてくる星に、おかえりなさいと一言。いいですね~

時計
紅魔館キャラの時計です。かわいいんだけど、なぜパチェがいない・・・何とか5人分入れれなかったんかよって思うんだが。

即売会が終わったあとは、ジャンケン大会! 勝てば景品がもらえるんだ。サイン色紙やポスター、CDなどいろいろあったよ! こんなので大丈夫か? って書いてあるのもあった。

参加者一同「大丈夫だ、問題ない。」

とても盛り上がったよ~! 景品のほうはというと、残念ながら一個ももらえなかったけどねww。でも楽しかったからよかったよ~! では今回はここまで~!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

まんだらけで同人特売!

まんだらけで、同人誌の特売やってたー(´ω`)! 3000円近く使って、40冊くらい買ったよ! CDとセットになってるのもあって、なかなかお買い得だったー!
同人誌(クリックで拡大表示)
東方の他、ちゅるやさんとか、わはーとかいっぱいあった! 一番のお気に入りは、写真上のチルノ本。見ていて癒されるよ~かわいいなあ~・・・

同人誌は、やっぱこういうときにまとめ買いするのが一番だね! というわけで、今回はここまでー!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

東方をもっと広めたい

Twitterで、子供のいる主婦東方絵師をフォローしています。とってもかわいくて気に入ってます。ニコニコで、「がんばれ小傘ちゃん」シリーズもアップされてますよ~
Twitterのつぶやき見てると、親子で東方楽しんでるなーってのが十分伝わってきます。そして俺は思うんだ。子供たちにも東方を広めたいってね。東方なんて、オタクしか知らないでしょ。そういう意見が大嫌い! そりゃ実際そうかも知れんし、エロ同人も多いし、幼女が酒飲んだりしてるけど、ちょっと路線変えれば子供にも楽しんでもらえるって! 酒呑み幼女ったって、鬼じゃんカエルじゃん。ちなみに阿求は酒飲まない派です俺。
子供にオススメのキャラといえば、チルノリグルてゐナズーリンだろな。好奇心旺盛なこいつらのいたずら物語とか面白くないかなー。主役は、チルノか橙あたりでしょね。優しい保護者もいるし。
レティさーん、らんしゃまー! 
大きい子供には、なんといっても魔理沙☆かな。
マスタースパーク!
あの技はいつ見ても興奮するよ。ほんと、俺もまだまだ子供だな(^ω^)。女の子もそろそろ恋を意識する頃だから、アリスとかパチェを……え、魔理沙は女だって? いーんだよいーんだよ。魔理沙を男っぽく描けば! 作中で魔理沙の性別に触れなきゃいいんだし!
紅魔館の連中も、魔理沙の敵として魅力たっぷりだしね。スカーレット姉妹の凶暴さとカリスマ性は最高だー!

何でこんなこと書いてるのかって? 今日Twitterで、栄島もこさんを知って、イラスト観てたんだ。優しくてかわいい絵がいっぱい。特に橙かわいいよちぇぇぇぇぇぇぇん!!(^▽^)!たっぷり癒されましたよ~(´∀`)というわけで、今回はここまで~!
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

おがぽん

Author:おがぽん
自由に生きるのんびり野郎です。twitterやってますのでよろしく。
http://twitter.com/ataisaikyou

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。