コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

おがぽんチャンネル Vol.17

おがぽんチャンネルはじまるよ~!

今日はアニメの紹介です。
斬新スポーツ科学と、個性的なキャラが楽しい青春野球アニメ
おおきく振りかぶって
おお振り


三橋くんは魔術師か?
三橋くんの武器は、9分割百発百中のコントロールに4つの球種、浮いて手元で伸びる幻惑ストレート「まっすぐ」。
これだけの技術を持っている投手は、はっきり言ってプロにもいません。つまり、三橋くんの球は「魔球」です。
たしかに、慣れればすぐ打たれるという弱点はあるものの、数々の球種を使い分け、決め球にまっすぐを使ってアウトを取れるのだから恐ろしい。指示されたところに正確に投げられるポイントも大きい。

好きなキャラ
田島くんが好きですね。行動がとにかく破天荒。すぐ脱いで怒られちゃたりとかww試合中の冷静さとのギャップが大きいのが魅力ですよ。三橋くんと気が合って、試合を支えているところもかっこいいです。


女性陣の強さ
選手も魅力だけれど、忘れちゃいけないのが監督やマネジなどの女性陣。モモカンいいですね。胸じゃないよ。統率力ですよ。選手のことをしっかりと把握して、能力を引き出す。特に阿部くんとのやりとりは面白かったです。普段冷静な阿部くんが焦ったりしてましたからね。それから、篠岡ちゃんのおにぎり食べたいよ~!

印象に残った場面
野球漫画で、相手チームがかっこいいと思った瞬間ありますか。最初の三星戦。序盤、三橋をナメてかかってた三星陣。三橋くんにいいように抑えられ、リードも奪われてしまう。しかし、叶くんの激励によって奮起。こっちのエラーを逃さず、三塁打の後逆転ホームランを放った。本気を感じたね。これは。でも凄いのは、打たれても動揺していない三橋くん。試合を終えて、三星と決別できたのみならず、実戦を通して強い精神を得られた。これが後の、桐青戦で生かされるんですよね。大きく成長できた初戦でした。

ラストシーンのドラマ
終盤になると、劇的なドラマ展開を見せてくれるおお振り。桐青戦9回、見事逆転を果たした西浦。しかし選手は身体ともにもう限界の状態であった。そこへじわじわと追い詰めるような反撃。同点にされたら、絶対に勝機はない。三橋くんにかかるプレッシャーも相当のものだった。しかし仲間の声援に支えられ奮戦。最終打席は同点いやサヨナラの危険にさらされるも、泉くんが飛びつき、花井くんがホームへレーザービーム! ここまで最高の演出を見せてくれたドラマがあったでしょうか。本当に、プロ顔負けのレーザービームでした!
2期で初の敗戦となった美丞大狭山戦。阿部くんのケガで、西広くんが初出場。試合未経験で最後の打席に立たされる。しかしプレッシャーにも負けず、しっかりボール見て振ってました! いい体験になったよこれは。そして負けを通し、反省して次に生かそうとみんな気合充分でした。次シーズンが楽しみです!


この作品で一番よかったのは、勇気を持てたこと。野球漫画の主人公といえば、たいてい強気の熱血野郎。でも三橋くんは全然違う。そんな三橋くんが、仲間と共に頑張って成長していく姿に感動しました。自分も弱気だけど、もっと頑張ろうと思えるようになりました。これまでの常識をくつがえす野球漫画をありがとう! 今回はここまで~!



スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

おがぽん

Author:おがぽん
自由に生きるのんびり野郎です。twitterやってますのでよろしく。
http://twitter.com/ataisaikyou

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。