コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

おがぽんチャンネル Vol.22

ライバルキャラコーナースタート!
今回からしばらく、ライバルキャラについて語りたいと思います。前回のほむほむで、ライバルについて少し触れていたんで、いろんなキャラを調べたくなりました。それでは最初はこのキャラ。

サイヤ人の王子・ベジータ
ベジータ

パラメータ
登場作品  DRAGON BALL
性格    ツンデレ
強さ     ☆☆☆☆☆
かっこよさ ☆☆☆☆
悪役度   ☆☆☆
友好度   ☆☆☆
プライド  ☆☆☆☆☆


どんなヤツ?
サイヤ人の王子にして、超エリート戦士。永遠の命を得るため、ナッパとともに地球へ降り立つ。冷酷非道なサイヤ人の王子は、悟空の前で仲間を殺そうとする。やがて悟空が到着すると、悟空はナッパを撃破。ベジータに助けを求めるが、やはり冷酷非道。ナッパを殺してしまう!戦闘が始まると、ベジータは悟空を圧倒。3倍界王拳で逆転されそうになるが、大猿状態で悟空を倒す。悟飯やクリリン、ヤジロベーに助けられ、やっと撃退できたほどだ。

フリーザ編でも悟空たちとドラゴンボールを奪いあっていた。フリーザから反逆し、ナメック星から、フリーザ一味から、そしてクリリンからもドラゴンボールを強奪してしまう。しかし、自分がドラゴンボールを悟飯に奪われると激怒し、執拗に追いかける。

だがその頃、フリーザはギニュー特戦隊を投入。やむを得ず悟空と手を組む。特戦隊を撃破し、フリーザにも挑むが返り討ちに遭い死亡。ドラゴンボールで生き返る。

地球に住み着き、家庭を持った頃、超サイヤ人化を果たす。今度の敵は人造人間。19号を圧倒し、自分の強さに自身を持つ。しかし、18号には手も足も出ない。屈辱を受けたベジータは、精神と時の部屋で修行するのだった。

修行を終えたベジータは、17号を吸収したセルが手も足もでないほどだった。それに物足りなさを感じたベジータは、セルに18号を吸収させてしまう。しかしそのため今度はベジータが劣勢に。右腕を吹き飛ばすのが精一杯だった。(しかもピッコロ細胞で回復してしまう)

それからセルゲームに向けさらに修行。しかしセルゲーム当日、悟空さえ勝てないセルに唖然。セルジュニアと互角に戦い、悟飯をサポートするので精一杯だった。

セル撃破後は、息子のトランクスを鍛える毎日。天下一武道会でパンチングマシンを破壊するなど、まったくもって手加減を知らない。ここから始まるブウ編で、ベジータの「悪」の部分が見えてくる。

試合中、魔道士バビディとの戦いに巻き込まれたベジータは、エリート戦士としてのプライドが捨てきれず、バビディに洗脳される。そして武道会場で多くの観客を虐殺。悟空を怒らせて本気にするためだった。ついに悟空も怒って激闘。だがその間に魔人ブウが復活してしまう。

ブウが復活したことを知り、ブウへ直行。圧倒的な生命力に翻弄されるが、自分が虐殺した罪を償うため、自爆を決行。しかしそれでも倒すことは敵わなかった……

特例として、冥界から生き返ったベジータ。悟空と再開し、ブウを倒すために合体する(ベジット)。この頃のブウは、ゴテンクスや悟飯を吸収し最強になっていた。それでもブウは、ベジットに圧倒される。破れかぶれでアメ玉にするが強さは衰えず苦戦。体内に潜り、悟飯、悟天、トランクスを救出するのだった。最後のブウには全く歯が立たなかったが、元気玉作戦を提案し、死闘を演じて時間を稼いだ。


総評
とにかく、プライドのかたまり。自分はエリートだから、強い奴と戦って満足したい。普通なら腹のたつ嫌な野郎だが、ベジータは強さは本物で、さらに強くなろうと努力を怠らない。また、冷静沈着でいい判断力も持っている。フリーザがギニュー特戦隊を投入すると、悟空と手を組み共同作戦に。フリーザ軍団の恐ろしさを十分理解しているからだ。このまま悟空と争っていれば、言うまでもなく共倒れのとこをフリーザに襲われただろう。

ベジータにとって最も不幸だったのは、ドドリア、ザーボン、ギニュー特戦隊、19号などの中堅クラスは相手にできてもフリーザ、セル、ブウには歯が立たなかったことだろう(18号にも負けている)。最初こそ圧倒するが、形態が変わるごとに苦戦し、最終形態では手も足も出ない、かすりもしない。修行を重ね、圧倒的な戦闘力を自慢しても、それを上回る相手が出てきては意味が無いのだ。

しかしそれでも、悟空と互角に渡り合う戦闘力、冷静新着な判断力は本物。大ボス以外にはほぼ華々しく活躍している。まあ大ボスなんて、悟空が直接戦っても苦戦してたしね。元気玉や、覚醒悟飯の力を借りなければ倒せなかったんだから。

ベジータは悟空に匹敵する強さを持ってはいたが、それのみにこだわっていたのが最大の短所だと思う。友情とか義理とか、そういったものには一切とらわれないのだ。悟空や悟飯は友を信じ、友の気持ちに応え、圧倒的なパワーを発揮して大ボスを追い詰めた。元気玉や悟飯覚醒はその例だ。

あくまで強さの象徴として、誇り高いベジータは、ライバルキャラとしては正統派だと言えるだろう。もう少し自己主張を抑えれば、もっとかっこよかったと思います。では今回はここまで~! 次回はシャアを紹介します。














スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

おがぽん

Author:おがぽん
自由に生きるのんびり野郎です。twitterやってますのでよろしく。
http://twitter.com/ataisaikyou

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。