コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

おがぽんチャンネル Vol.28

おがぽんチャンネルはじまるよ~
今回紹介するライバルキャラは、金色のガッシュ!のブラゴ。

魔物のエリート・ブラゴ
ブラゴ

パラメータ
登場作品  金色のガッシュ!
性格    冷静かつ好戦的
強さ    ☆☆☆☆☆
かっこよさ ☆☆☆☆☆
友好度   ☆☆
悪役度   ☆☆
プライド  ☆☆☆☆☆

どんなヤツ?

人間界に放たれた、100人の魔界の王候補の一人。英才教育を受けたエリートで、優勝候補とされている。
彼と戦おうとする者はほとんどおらず、気配を察すればすぐ逃亡するほどだ。

人間界に来て、力ずくで人間を支配しようとした。魔物が術を使うには、パートナーとなる人間の力が必要だからだ。しかしパートナーのシェリーは、命を張ってブラゴの横暴を止める。ここでブラゴは初めて知った。力だけでは、従わない者がいるということを。

それからシェリーはブラゴを王にするため、世界各地を転戦。そして宿命の相手、ガッシュ・ベルのもとへとやってきた。

二人はガッシュのパートナー、清麿はに魔物の戦いのことを教えたうえで、二人は魔物の力となる本を要求した。ガッシュの本を燃やし、魔界へ帰すためだ。(魔物の戦いは、人間が本に書かれた術を読んで、魔物の力を引き出す。攻撃を受けるなどで本が燃やされれば敗北となり、魔物は魔界へ帰される)

魔物といれば、人間は戦いに巻き込まれ、死ぬことだってある。魔物は災いしかもたらさないとシェリーは迫った。しかし清麿は拒否。ガッシュとの楽しい日常を奪われたくないのだ。それに、人嫌いで登校拒否していた清麿を立ち直らせたのもガッシュだ。しかも先ほど喧嘩したばかり。こんな形でガッシュと別れるなんて絶対できるわけない! 清麿は攻撃を受けても、本を手放さなかった。そしてブラゴの大技も相殺させた。

二人とも、この時感じたのだろう。ガッシュは弱いけど、これからどんどん強くなる。言うまでもなく、その予感は見事的中したのであった。

ブラゴはエリート意識が強く、常に弱者を見下している。パートナーのシェリーでさえそうだ。しかしシェリーは魔物の戦いに巻き込まれた親友を救うため戦い続けた。鍛錬を怠らなかった。全ては親友を奪った憎き魔物、ゾフィスを倒すため! 

その執念によって、シェリーは並の人間を遥かに凌ぐ身体能力を身につけた。魔物の術を平気でかわせるほど。そんなシェリーを、だいぶマシになったとブラゴは喜んでいた。そしてデボロ遺跡にて、ゾフィスとの決戦が始まった。

ブラゴVSゾフィス。力は互角でも狡猾さではゾフィスが上だった。ゾフィスはパートナー・ココにあらゆる暴言を吐かせる。親友の言葉が次々とシェリーに刺さり、とうとう心の力が切れる。ブラゴは一人でゾフィスに向かうが、当然敵うはずもない。ボロボロになるブラゴ……!

一方的に攻撃するゾフィス&ココ。シェリーの親友とは思えないほど残虐に変わり果てた。だが、ココは身につけていた。シェリーとの、親友の証を。それに気づいたシェリーは力を取り戻した。どれだけ残虐になっても、シェリーとの友情まで捨てるわけないのだ! 

復帰したシェリーは優位に立ってゾフィスを追い詰めた。真の友情の力にゾフィスが敵うはずもなく、ついにココからゾフィスの本を奪い取った。だが、ゾフィスの本を燃やしても、ココの洗脳された記憶は消えない。数々の破壊やシェリーへの暴言がずっと残ってしまうのだ。どうすれば、ココを救えるのか…!?

そこへブラゴが、ゾフィスの前に立った。鬼神のオーラを放つブラゴはゾフィスを一瞬で怯ませた。ただ恐ろしいだけではない。王者の覇気で圧倒しているのだ。さすがのゾフィスも心が折れ、ココの記憶を消したのであった。
宿敵を倒し、ココも救われた。しかし戦いはまだまだ続くのであった。

それからもブラゴは、圧倒的なパワーで王への階段を登り続ける。島一つ簡単に滅ぼせる超兵器ファウード。超巨体でパワーも圧倒的。そんなヤツに生身で立ち向かい、何度も転倒させている。他の魔物には到底できないことだ。

ちょうどその頃ガッシュは本来の力を取り戻し、実兄ゼオンと激闘していた。ブラゴもガッシュの力を感じ、期待できるほどまで強くなったと褒めた。やがてゼオンはガッシュに倒され、ファウードもガッシュに帰された。その時ブラゴはガッシュ真の力を目の当たりにした。「もっと強くなる」そうだ。

ファウードは魔界へと帰り、平穏が訪れた。それでもブラゴは王を目指すため戦い続ける。そしてついに魔物が10体を切った。そこへ現れた敵は、これまでと比べ者にならないほどの強敵だった……

最後の敵、クリア・ノート。常に頂点に立ってきたブラゴでさえ全く歯がたたない。ガッシュと竜族の神童アシュロンに救われ、かろうじて生き延びた。そしてクリアを本当に倒すため、ブラゴは修行の旅に出た。

やがてクリアとの決戦が来た。ブラゴはいち早くクリアに到達。前回とは比べ物にもならないくらい強くなったブラゴ。ガッシュも加わって、どんどんクリアを追い詰めていく。クリアは最強技を出すが、ブラゴも最強技で対抗。ブラゴは修行時代、世界各地で地球の力を感じ取っていた。地球のエネルギーは凄まじい。ブラゴの最強技は、地球の自転を自分の体で受け止めるようなものだという。

凄まじいエネルギーはクリアを打ち破るが、本当の地獄はここからだった。クリアが完全体となったのだ。ガッシュとブラゴは死力を尽くすがついに果てる。このまま消されるのかという時、奇跡は起きた。ガッシュが、仲間の技をどんどん繰り出す。魔界に帰った魔物の魂がガッシュに力を貸しているのだ。ブラゴもガッシュに力を貸す。魔物たちの力を合わせ、ついにクリアを打ち破った。残った魔物は、ガッシュとブラゴのみ。清麿が卒業式を終えた後、王を決める最後の戦いが始まった。

最後の戦いは、まさに王者の決戦にふさわしく、力、速さ、攻撃指示、どれをとっても最高だった。激しい死闘の末、ブラゴはついに敗れた。ブラゴはシェリーに言葉を残し、魔界へと帰った。
「お前でなければ、ここまで戦えなかった。お前がパートナーで、オレは幸せだった」

総評

力とプライドのカタマリ。人間界に来たばかりの頃は、強く自己中心で、他人を見下す凶暴な獣だった。そんなブラゴに理性を与えたのが、他ならぬパートナー・シェリーだ。鬼の気迫で、ブラゴを唯一怯ませた人間である。シェリーと出会い、ブラゴの強く冷静なキャラは確立されたが、弱者を見下すのは相変わらずだ。

ブラゴの圧倒的なパワーは魅力だが、精神面の成長も大事なポイント。シェリーとの出会いはもちろん、人や魔物を殺さないことを学んだり、小さな子供を助けて強くなれと説教した。こうして王者の風格を身につけていくブラゴ。強いだけでは、王になれないのだ。

ゾフィス戦で、力を失ったシェリーを殴るが、役立たずで怒ったわけではない。そう思ってるのはゾフィスだけ。しっかりしろと激励を入れてるのだ。最後までシェリーを信じ、本当に立ち直って欲しいブラゴの心である。

ゾフィス編では、優しさや品格といった精神がよく描かれているけど、それ以降は、ただ強さを求めているだけになってしまってるのが残念。

ブラゴは強い。でも完璧超人ではない。腕を噛みちぎられたり、ジャングルで惑わされたりと意外と苦戦していることも多い。ファウード編で、覚醒したガッシュに期待しているが、ブラゴがそのガッシュと同等以上の力があったかどうかは不明。新しい術もなかったし、ファウード転倒しかやってないから詳しく強さを知れないのだ(まあ、ファウード転ばすだけでも相当なものだ。バリー程度はあったのだろう)

それでも、常に魔物たちの一歩先を進んできたブラゴ。ガッシュが優しい王なら、ブラゴは強い王。その強さと品格をもって、最後の最後まで戦い抜いたブラゴは、まさにガッシュにとって最高のライバルでした。では今回はここまで。次回はDEATH NOTEのLだよ~







スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

おがぽん

Author:おがぽん
自由に生きるのんびり野郎です。twitterやってますのでよろしく。
http://twitter.com/ataisaikyou

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。