コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

はやぶさ帰還!

twitterやっていたら、みんなはやぶさはやぶさって騒ぎ出した。何のことかと調べれば、小惑星探査機はやぶさが、7年60キロの旅を終えて帰還したそうだ。TLには、次々と画像や記事がアップされる。次の画像は、読売新聞に載ってたもの。天の川を下るはやぶさ。まっすぐ進むところがきれい。
はやぶさ

また、NASAでは分離した瞬間を捉えた。その画像がこれ。
はやぶさ分離

はやぶさは、2003年5月に地球を出発。2005年11月に地球から3億キロ離れた小惑星「イトカワ」に着陸し、砂などの採取を試みた。地球からは小さすぎて見えない小惑星に、正確にたどり着いて軟着陸したのは史上初だった。

しかし、離陸後に燃料漏れで制御不能になり、通信も完全に途絶した。奇跡的に復旧し、2007年に地球への帰路についたが、帰還は3年遅れとなり、劣化の激しい電池やエンジンでぎりぎりの運用が続いてきた。

秒速5キロで飛行していたはやぶさは、地球へ近づくにつれて重力で加速。南アジアの上空74000キロに達した所で、カプセルを分離した。この後、まずカプセル、続いて本体がオーストラリア上空で大気圏に突入し、夜空に光跡を描いて落下した。月より遠い天体に着陸した探査機が、地球に帰還するのは世界でも初めて

本体は大気との摩擦で燃え尽きるが、カプセルは底面が断熱材で覆われており、突入の数十秒後にはパラシュートを展開して減速。位置を知らせる電波を発信しながら降下した。ウーメラ付近の砂漠に着地した模様。宇宙航空研究開発機構は、カプセルを14日にも回収。チャーター機で日本に持ち帰り、専用施設で慎重に中身を調べる。

イトカワで試みた砂の採取は、装置が正常に作動せず、失敗した。しかし、着陸の際に舞い上がった砂煙が、カプセル内に入った可能性がある

はやぶさは、新技術のイオンエンジンを搭載した。のべ4万時間稼働して、小惑星へ往復する長距離の航行を完遂。日本の宇宙技術の高さを世界に示した。

以上、読売新聞の記事から。遠くの小惑星に初めて到着した。燃料や通信などのトラブルを乗り越え、今ここに帰還。お疲れ様です。はやぶさ。今回で、初めてはやぶさを知った。生は見れなかったけど、動画で観た光る瞬間が、輝かしい! だんだん大きくなっていく光に、ドキドキさせられた。7年間の苦労が詰まった光。頑張ったはやぶさに拍手! 帰還おめでとうございます!では、この辺で失礼します。

参考サイト:http://www.yomiuri.co.jp/space/news2/20100613-OYT1T00818.htm?from=nwla
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

おがぽん

Author:おがぽん
自由に生きるのんびり野郎です。twitterやってますのでよろしく。
http://twitter.com/ataisaikyou

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。